フリーランスはやることさえすれば自由

最近でこそサラリーマンでも裁量労働制というのが認められてきましたが、それでも実際に自由に働くというのには程遠いものとなっています。それに対してフリーランスの場合にはやることさえしてしまえば、後は何をしても自由なので上手く仕事をこなすことができる人であればマイペースの生活をすることができます。



また、やることさえしてしまえばとは言いますが、やらなければならないことをやらなくても良いというのがフリーランスでもあり、誰かに矯正されるわけではないのでやらなければならないこともやらないということができてしまいます。もちろん、そのようなことをすると一気に信用を失ってしまってあわせて仕事を失ってしまうことになるので、自由があるというのはフリーランスにとって一長一短となっているのです。



それでも今しなければならない仕事さえ終わらせてしまえば後は何をしていても自由ですから、午前中に仕事を終わらせればその日はまるまる一日遊んでいても構いませんし、別の仕事を探すということができます。


仕事をする時間も自由ですから、夜の内にやるべきことを済ませてしまって日中はゆっくりと過ごすということもできます。



実際にはそれだけ余裕のあるというフリーランスは少ないものですが、安定をしてくればあくせく決まった時間に決まった時間まで働き続ける必要はなく、完全の本人の裁量によって仕事をして自由な時間を過ごすことも可能な働き方となっています。